1. TOP
  2. Beauty Cellar Journal
  3. スキンケア
  4. 冬の乾燥対策はなぜ必要?湿度を上げる方法と肌の潤いを守る対策

冬の乾燥対策はなぜ必要?湿度を上げる方法と肌の潤いを守る対策

公開


更新

冬になると「肌の乾燥」に悩まされてはいませんか?この時期は、乾燥からカサつきや肌荒れが出てくるなど、肌トラブルが絶えない季節でもあります。また、空気が乾燥していると、美容面のトラブルだけでなく、のどの渇きやウイルス感染のリスクなど健康面にも影響を及ぼします。乾燥する冬場に起こりうる問題や簡単に取り入れやすいお部屋の乾燥対策、意識的にできる肌ケアのポイントについてみていきましょう。

冬の乾燥対策が必要な理由は?

冬場は乾燥しすぎて困っていませんか?実は、空気が乾燥していると様々なトラブルを招きやすくなります。

冬は、空気中の水分が少なく、外気は乾燥しています。また、部屋の中でもエアコンなどの暖房機器を使用することによって、空気が乾燥しやすい状態となっています。では、空気が乾燥しているとどうなるのでしょう。ここでは、具体的に起こりうる恐れのあるトラブルを見ていきましょう。

体調不良を防ぐ

空気が乾燥していると、肌や粘膜を覆っているバリア機能が低下して、細菌やウイルスなどのが体内に侵入しやすくなります。そうすることで、風邪やインフルエンザなどにかかる可能性が高まってしまいます。また、それらの原因となるウイルスは、秋冬などの空気が乾燥した低温、低湿度の環境下で活発化しやすくなることがわかっています。冬にインフルエンザが流行るのはそのためです。つまり、冬の気温が下がる季節には、加湿などの乾燥対策を行うことが、冬の体調不良を予防する重要なカギとなります。
※:Hemmes,J.H. et.al. Nature. 1960;188:430-1.

肌の乾燥を防ぐ

部屋の乾燥対策をすることは、肌の乾燥を防ぐことにつながります。肌が乾燥していると、バリア機能が低下し、紫外線やほこりなどの外的刺激を受けやすくなります。また、肌荒れを招いたり、肌の乾燥を加速させたりする原因になるなど乾燥は美容の大敵です。空気が乾燥すると、空気中の水分を同じにしようとする力が働き、肌の水分が蒸発しやすくなります。つまり、空気が乾燥していると角層の水分が蒸発し肌の乾燥が加速してしまいます。ですので、肌の保湿だけでなく、部屋の空気を乾燥させないような工夫をすることも、肌の乾燥対策には重要です。

冬におすすめの部屋の乾燥対策

湿度が50%以下になると乾燥が進みやすくなるといわれており、肌の乾燥を予防するための湿度は40~70%を目安にすると良いと言われています。ここでは、簡単にできるおすすめの部屋の乾燥対策法をご紹介します。
引用元 :厚生労働省の定める「建築物環境衛生管理基準」より

寒い冬は暖かく快適に過ごすために、エアコンやヒーターなどが欠かせませんが、暖房機器を使うと湿度は低いまま、空気の温度だけが上がるため乾燥が深刻になります。だからといって、暖房を付けないなんてできませんよね。ここでは、みんなが手軽にとり入れられる部屋の湿度を上げて、乾燥対策をする方法をご紹介します。

室内で洗濯物を乾かす

エアコンや暖房機器を使うこの時期は、濡れたタオルや衣服などの洗濯物を部屋干しすることで手軽に部屋全体の湿度を上げることができます。部屋干しすると「部屋干しの臭いがするのでは?」と心配な方は、抗菌や防臭効果の高い部屋干し用の洗剤を使うのがおすすめです。また、出来るだけ窓や壁の近くは避けましょう。結露など湿気の逃げ場がなくなる場所はカビの原因になる可能性があるので、その場合は室内用の物干しスタンドを使うのがおすすめです。また、洗濯物同士の間隔を多めに空けたり、サーキュレーターや扇風機を活用したりして、お部屋の空気の流れを作るのも有効です。

入浴後はお風呂のドアを開けておく

方法はいたって簡単で、入浴後、浴槽のお湯を抜かずに浴室のドアを開けるだけ。これだけで、お風呂の湯気が部屋に流れ湿度を上げることができます。なんとも簡単にできる乾燥対策ではありますが、これにはいくつかの注意点があるので理解しながら行いましょう。
まず、気密性の高いマンションでは結露がつき、カビが生える原因にもなります。また、マンションに限らず湿度が高い時期はカビの原因となる可能性があるため、乾燥が気になる時期のみ行ったり、部屋の湿度をチェックしたりしながら、浴室の扉を開ける時間を調節しましょう。また、小さなお子さまがいる家庭では事故になるリスクが高いので、留守の間や、お子さまが浴槽に近づかないよう目の届く時間帯だけにするなど、工夫をして行ってください。

加湿器を使用する

加湿器を使うのも、湿度を上げるうえで簡単に取り入れられる方法です。最近では、一般的なスチーム式のタイプや、気化式、超音波式、空気清浄機の機能の搭載されたハイブリッド式、アロマオイルを入れて香りを楽しめる加湿器、またデスク周りで使える小さなタイプや、電気を使わないペーパータイプのものまで様々な種類の加湿器が幅広く販売されています。でも、これだけ種類があると何を基準に選べば良いかわからなくなりますよね?以下に加湿器を選ぶ際のポイントを2つご紹介します。
1つ目は、お手入れのしやすさや、機能性、デザインなど、使うことが面倒に感じないように、自身のライフスタイルのあったタイプを選ぶことです。2つ目は、部屋の大きさに合わせて選ぶとよいでしょう。部屋のサイズに合った加湿器を使うことで、しっかりとお部屋の湿度を調整することができます。部屋のサイズに合っていないと、湿度が上がらなかったり、逆に湿度が高くなりすぎて結露する原因にもなったりしかねません。加湿器を選ぶ際は、どのくらいの加湿能力があるのかなどを把握したうえで購入するようにしましょう。

冬の肌の乾燥対策

冬は乾燥による肌トラブルが深刻になる季節です。今からできる乾燥対策をみていきましょう。

乾燥すると肌のカサつきやゴワつきが気になりますよね。また、肌が乾燥しているとバリア機能も低下するため、様々な肌トラブルを引き起こす可能性があります。肌の乾燥を防ぐために意識を変えるだけですぐできる、ちょっとしたコツについてお話しします。すでに乾燥が気になっている人も、今後が心配な人も、今から少しずつ冬場の肌の乾燥対策を見直していきましょう。

肌の保湿を徹底して行う

気温が下がり暖房機器を使う冬場は、肌の乾燥が深刻になります。美肌を保つためにも、肌の保湿により一層力を入れることが大切です。肌が乾燥していると、カサカサやごわつきを感じがちになりますよね。そうさせないためにも、日々のスキンケアのアップデートが肝心になります。春夏用のスキンケアアイテムを使っているなら、保湿タイプの秋冬用のアイテムに切り替えるのもよいでしょう。ときには、シートマスクなどのスペシャルケアを取りいれることでも、水分量をぐっと引き上げることができます。シートマスク後も含めて、朝晩の化粧水のあとには、しっかりと乳液やクリームを塗ることも水分の蒸発を防ぎ、肌を保湿するのに効果的です。“化粧水などで水分を補ったら、乳液やクリームなどの油分で蓋”をする意識をもちましょう。

ぬるいお湯で洗顔や入浴をする


冬場はどうしてもお風呂の設定温度を高めにしがちになりますよね。しかし、肌に必要な皮脂は、40度を超えると溶け出す性質があります。このため、お風呂につかる際には、40度以下のぬるめのお湯に設定し、つかる時間も20分以内にとどめることで、肌に必要な皮脂やセラミドなどの潤い成分を保つことができます。また、洗顔の際にも同様で、高い温度で洗顔してしまうと潤い成分として必要な皮脂まで過剰に取り過ぎてしまい乾燥を招く原因となるため、ややひんやりと感じる32~38度の人肌程度のぬるま湯ですすぐようにしましょう。
※お湯の温度は肌質によっても違い、脂性肌は36~38度となります。

肌の摩擦・刺激を避ける

摩擦などの刺激は、肌への負担となるため乾燥を進行させる原因にもなります。また、バリア機能を低下させ、肌荒れを引き起こすことも。スキンケアや洗顔など、肌に触れる時はお豆腐などのやわらかい物を触るように丁寧に触れるようにしましょう。また、直接肌に触れるマスクや下着は、コットンやシルクなどの天然繊維の肌触りの良いものを選ぶようにすることで、自然と肌への刺激を減らして生活することができます。また、洋服を選ぶ際にも、チクチクしない素材を選ぶようにし、肌への負担を減らすことで肌トラブルの回避につながります。

「乾燥トラブルを減らすためにも、意識的な乾燥対策を」

日本はもともと冬に乾燥しやすい気候で、暖房機器を使用することで更に空気の乾燥が進みます。乾燥予防のためには湿度を上げることが大切です。

今回ご紹介したお部屋の加湿方法や肌の乾燥対策の方法を取り入れて、快適に過ごせる空間づくりと、潤いのある美肌を目指しましょう。