1. TOP
  2. Beauty Cellar Journal
  3. スキンケア
  4. 基本的なクレンジング方法|ポイントを押さえてメイク汚れを落とす

基本的なクレンジング方法|ポイントを押さえてメイク汚れを落とす

公開


更新

正しくクレンジングはできていますか?一般的な油分の多いファンデーションやウォータープルーフの日焼け止めはクレンジングを使ってきちんと落とすことが大切です。

一日の汚れをきちんと落とさないと、毛穴の詰まり、ニキビ、など肌ダメージの原因になります。与えるケアより落とすケアに力を入れることで、美肌力は育ちます。

ここでは、押さえておきたい基本的なクレンジングの方法をご紹介していきます。

基本を押さえた方法でクレンジングする大切さ

クレンジングはスキンケアの基本です。しかし、クレンジングの正しいやり方がわからない、と自信のない方も多いと思います。基本の正しい方法を覚えてきれいに汚れを落としましょう。

クレンジングの役割は、油性成分で洗顔では落ちない汚れを落とすことです。正しい方法でクレンジングが出来ていないと、肌にとって非常に負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

皮膚の表面には、メイクの汚れだけでなく、汗や皮脂、古い角質、ホコリなど様々なものが肌に付着し混ざりあっています。汚れを落とさずに寝てしまい、それらが皮膚の上で酸化すると毛穴詰まり角栓やニキビなど、さまざまな肌荒れを引き起こしやすくなります。

その日の汚れはその日のうちに落とすことで、その結果、美しい肌を保つことに繋がります。そのため、夜のクレンジングはスキンケアにとって重要なステップです。

メイクなどの汚れをしっかり落とす

やみくもに汚れを落とせばいいと思っていませんか?クレンジングにはメイク汚れをきちんと落とすためのポイントがあります。クレンジングの基本を覚えることで、うるおいを保ちつつ、肌に不要な汚れだけを取り除くことで清潔な肌を保ちやすくなります。

クレンジングには、洗い流すタイプやふき取るタイプの物など、様々な種類があります。アイテムに記載されている使用方法をよく見て正しく使いましょう。

洗浄力の高すぎるアイテムを使えば肌に必要な皮脂まで取り過ぎて、乾燥の原因となります。肌に不要な汚れのみを落とすことがポイントです。

また、クレンジングだけでは落としきれない余分な皮脂や古い角質などもあるため、洗顔やふき取り化粧水を取り入れるのがおすすめです。

肌への負担を減らす

基本をおさえた正しいクレンジングを覚えるだけで、肌への負担を減らすことができます。

ゴシゴシと力任せなこすり洗いや、指定量より少ない量を使う、クレンジング剤を長時間肌に乗せておくなど、誤った方法でクレンジングすると肌に負担をかける可能性があります。

肌への負担は肌トラブルの元となる可能性が高いため、基本的なクレンジングの方法を見直して、肌への負担を減らしながら不用な汚れを落としましょう。

基本的なクレンジングの方法

ここでは、基本的なクレンジングの流れと、それぞれステップごとに詳しく説明していきます。正しい基本的な手順を見直して、早速今日から実践してみて下さい。

適切なクレンジングの基本は、「適切な量で、素早く、丁寧」に行うのが基本です。同じアイテムでも、使い方で汚れの落ち具合や肌への負担のかかり方に影響します。

アイテムを使うタイミング、手の使い方、順序を正しく理解し、基本的な方法を実践することで美肌力の格上げにつながります。

Step1 ポイントメイクを落とす

コットンと綿棒を準備します。まず、コットンに専用のポイントリムーバーを適量含ませ、目元にを軽く押さえ、数秒おいてメイクとリムーバーがなじんできたら力を入れずに優しくふき取ります。目尻の際など、落ちにくい箇所はリムーバーを拭きませた綿棒で丁寧に落としましょう。

マスカラやアイライナーをはじめ、アイシャドウのパールやラメも肌に付着しやすく、肌に残ると色素沈着の原因になるため念入りに落とすようにします。ここでポイントメイクをきちんと落としておけば、次のステップの顔全体のクレンジングがスムーズにすすみます。

Step2 顔の水分をふき取る

クレンジングを始める前には、手や顔の水分をふき取りましょう。

大抵のクレンジングアイテムには界面活性剤が含まれます。界面活性剤は、油分と水分を混じりやすくするための成分なので、クレンジングアイテムに水分が混じることで、メイクとクレンジング剤がなじむ前に乳化がおき、洗浄力が低下してしまう可能性があります。

Step3 クレンジングアイテムを手に取り、手のひらで温める

使うアイテムのパッケージに記載された適量を確認します。使う量が少ないと肌に直接手が触れて摩擦を起こしやすくなります。

クレンジング剤を手に出したら、手のひらで温めます。体温で温めることで、なめらかになり広がりやすくなります。特に寒い冬場は、クレンジング剤が固くなり顔に広げにくくなります。固まったクレンジング剤を顔に広げようとすると、自然と手に力が入ってしまうため摩擦の原因になります。人肌程度になるように温めてから使うようにしましょう。

Step4 クレンジングアイテムを顔になじませる

Tゾーン、小鼻、両頬、口まわり、目まわりと皮脂の量が多い順になじませます。摩擦によって乾燥などを引き起こさないよう、指先だけではなく指の全体を使って、クレンジングアイテムを丁寧になじませます。やさしく顔を包み込むように馴染ませることで、肌に無理な力をかけることなく、毛穴の奥に入り込んだ汚れまできれいに落とすことができます。

ただし、小鼻の脇などはクレンジングアイテムが行き届きにくいため、指先で上下に数回往復させるようになじませます。時間は、長くやり過ぎると乾燥の原因になるため、1分程度を目安に考えると良いでしょう。

Step5 ふき取り化粧水を含ませたコットンでふき取る

クレンジングでメイクが浮き上がったら、ティッシュなどで軽くふき取ります。

そして、適量のふき取り化粧水をコットン2枚に全体に馴染ませ、額から順番にやさしく丁寧に拭きとります。最後は、耳の後ろや顎の下までふき取りましょう。ここで、使う量が少ないと、コットンの線維が直接肌に触れて摩擦を起こしやすくなります。使うアイテムのパッケージに記載された適量を確認し、たっぷりと使うようにしましょう。

クレンジング後の肌には、クレンジングだけでは落としきれない古い角質や余分な皮脂が残っています。これを放っておくと、ターンオーバーが乱れくすみ、カサつき、ハリ不足の原因に。ふき取り化粧水を正しく取り入れて、肌を正常に保ち健やかな肌に整えましょう。

Step6 洗顔料で顔を洗う

手と顔を濡らします。次に、適量の洗顔料を手のひら、または泡立てネットにとり水でよく泡立てます。しっかりと泡立てたら、Tゾーン、小鼻、両頬、口まわり、目まわりと皮脂の量が多い順になじませます。

洗顔料を泡立てず直接顔に塗ったり、泡立てが不十分な、へたり泡を使うと、直接手で肌をこすることになり摩擦によって乾燥を引き起こす可能性があります。しっかりと泡を立て、泡を肌の上で丸く円を描くようにやさしく洗います。最後は、ぬるま湯を顔にかけるようなイメージで完全にすすぎます。

Step7 タオルで水気を拭く

タオルで顔の水分をふき取る際は、肌に当てて水分を吸いとる気持ちで優しく行いましょう。その後、素早く化粧水などで保湿を行い肌が乾燥するのを防ぎます。

クレンジングのポイント

クレンジングにおいて、肌に負担をかけず、きちんとメイクを落とすことはとても重要なことです。なかでも、特に気を付けたい2つのポイントを確認してみましょう。

基本的な方法を学んだら、次はクレンジングをする際に気を付けたいポイントを知りましょう。肌に触れる前に事前に行ってほしいことや、摩擦をできるだけ避けるクレンジングアイテムのなじませ方など、ちょっとしたことですが意識することで、肌への負担をぐんと減らすことができます。

クレンジングする前に必ず手を洗う

クレンジングを行う前には手を洗いましょう。私たちは、ふだん何気なく色んなところに触れていて、手には目に見えない雑菌や汚れが付着しています。洗っていない手でクレンジングをすると、雑菌や汚れが顔に付着する可能性があります。

汚れが肌に付着すると、ニキビなどの肌トラブルの原因になりやすいため、必ず手を洗い清潔な状態でクレンジングを行いましょう。

優しくクレンジングアイテムをなじませる

クレンジングアイテムは優しくなじませましょう。ゴシゴシと強い力で擦ると、肌への刺激になりやすく、刺激によって肌のバリア機能が低下する可能性があります。

  • ・指先を立てて力を入れない
  • ・こするのではなく「馴染ませる」イメージで
  • ・頬などの広い面積は手のひら全体を使って

肌は何よりも摩擦を嫌います。手の力やこする力でメイクを落とすのではなく、あくまでもクレンジングアイテムの洗浄力に任せ、汚れを浮かせてから取るイメージで優しくなじませましょう。

クレンジング方法を見直してうっとり美肌に

クレンジングの段階からスキンケアは始まっています。正しいクレンジングを行うことで、肌トラブルを防ぎ健やかな肌を保つことができます。

汚れを落とさずに寝てしまったり、本来落とすべき汚れが落ちていなければ、次に使う化粧品も本来の力を発揮できません。まずは、「与える」ケアより「落とす」ケアをしっかりと見直すことが重要です。

今回ご紹介をした基本的なクレンジングの方法を、ぜひ参考に実践していただき、トラブルを寄せ付けないうっとりするような美肌を目指しましょう。