1. TOP
  2. Beauty Cellar Journal
  3. スキンケア
  4. 朝に化粧水を塗るメリットは?スキンケアの手順とアイテムの選び方

朝に化粧水を塗るメリットは?スキンケアの手順とアイテムの選び方

公開


更新

スキンケアに欠かせない化粧水。肌を気にする方ならほとんどの方が使っているのではないでしょうか。
化粧水は美容液などと比べるとベーシックなアイテムなため、“なんとなく”使いがちではないですか?
しかし、化粧水は使うタイミングや使い方、選び方などで肌の調子を左右する重要な存在です。特に、朝の化粧水でしっかりと保湿をすることで、メイクのもちなど、その日の調子まで変わってきます。ここでは、化粧水を選ぶポイントや、より上手く使うための基本など、今後のスキンケアに活かしていただけるような内容をわかりやすくお話しします。

朝に化粧水を塗るメリット

ここでは、朝に化粧水をつけることで得られる、肌へのメリットについてお話しします。

夜にスキンケアを念入りにして肌が乾燥していなければ、朝の化粧水は必要ないのでは?と思っている方もいるようです。実はそうではありません。朝のスキンケアは肌を守ることが目的です。つまり、朝のスキンケアも夜と同じくらい大切です。うるおいのある美肌を作るためにも、朝も化粧水を使ってしっかりと保湿を行いましょう。

朝の化粧水は肌を守る

朝のスキンケアに化粧水は必須です。化粧水の最大の役割は、肌に水分を与えうるおいのある肌へ導く基盤作りです。化粧水で肌を潤すことで肌のバリア機能をサポートすることにつながります。バリア機能が上手く働くことで、紫外線や、ホコリ、花粉などの外的刺激から肌を守り、肌内部の水分蒸発を防ぐことができます。しかし反対に、乾燥した肌は、バリア機能が低下し外からの刺激を受けやすく肌が荒れる原因になるため、肌を守るためにも朝の化粧水は欠かせません。
しかし、私たちの肌は、寝ている間に汗や皮脂が顔の表面にあらわれてくることが多いため、「脂っぽい」=「乾燥してない」と解釈する人たちもいます。ですが、その考え方はNGです。寝起きの肌は思っている以上に乾いていることが多いです。寝起きに喉が渇くのと同じように、実は肌も乾いていることが多いのです。健やかな肌を保つためにも、朝の化粧水で肌の潤いを保ちましょう。

肌の調子を整える

朝に化粧水を塗ることで、肌の調子を整えメイクののりがよくなります。「今日なんか調子いいかも!」そう思えたら一日が嬉しい日になりますよね。しかし、目元や口元のファンデーションがよれていると気分がどんよりしてしまいませんか?
1日中綺麗をキープするためのカギとなるのが、朝のスキンケアです。肌に潤いを与え、次に使う乳液やクリームを肌に密着させる作用もある化粧水は、スキンケアに欠かせないアイテムの一つです。特に、美容成分が豊富に含まれているタイプの化粧水を使うようにすることで長期的にうるおいを保持することが可能です。そして、化粧水の後に乳液などの油分を補うことで、乾燥に負けないしっとりとした肌を目指せます。水分や美容成分で満たされた肌は、キメが整いツヤっとした肌になることで、自然とファンデーションやコンシーラーが薄付きでも満足できるようになるでしょう。

朝の化粧水はいつ塗る?スキンケアの手順

ここでは朝のスキンケアの基本的な手順についてお話しします。アイテムの効果をより実感するためにも、正しい知識を身に付けましょう。

スキンケアの基本となる順番は洗顔→保湿→UVカットの3つのステップです。スキンケアは塗る順番を間違うと、せっかくの効果が半減してしまう可能性も。「化粧水は乳液の後?それとも前?」そんな疑問も含め、それぞれの重要な役割や基本となる順番などについて説明します。

Step1 洗顔

まずは洗顔で、顔に付いた汚れを落とし清潔な状態に整えます。朝の洗顔は、睡眠中に分泌された皮脂や汗、ホコリなどを取り除く目的があります。夜の洗顔は、朝と違いメイクなどの油性の汚れを取り除く役割もありますが、朝はメイク汚れがない分それほど念入りに行う必要はありません。
ここでの念入りに行う必要がないというのは、手を抜くという意味ではなく、肌に負担が少ない洗顔料を使って優しく洗えばいいという事です。つっぱり感が気になるという方は、べたつきの気になるTゾーンなどを中心に洗顔料を使って、あとはぬるま湯ですすぐだけでもOKです。肌の調子に合わせて行いましょう。

Step2 保湿をする

洗顔の後はなるべく早く保湿を行いましょう。基本的な順番は化粧水→美容液→乳液→クリームですが、ハリウッドでは、創業以来美容液ファーストのお手入を推奨していますので、順番は、美容液→化粧水→乳液→クリームとなります。
化粧水や美容液など油性成分が比較的少ないものを先につけ、乳液やクリームなどの油性の成分が多く配合されているものを後につけるイメージです。ですが、美容液は化粧水の前に使うものや後に使うものなどアイテムによって付けるタイミングが異なるので、説明書に合わせて使うようにしましょう。また、べたつくのが苦手だったり、脂性肌の人は乳液やクリームを省きがちな傾向にありますが、油性成分が足りないとかえって皮脂が増加してべたつきの原因になります。乳液やクリームの使い心地が苦手という方は、べたつきが少ないライトな使い心地のアイテムを選ぶようにするなど工夫をして取り入れるようにしましょう。

Step3 日焼け止めや化粧下地を塗る

朝のスキンケアの最後には、日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地などを塗り、紫外線対策を行いましょう。健やかな肌の状態を保つためには紫外線ダメージから肌を守ることが大切です。紫外線は、曇りや雨の日でも常時降り注いでいます。特に紫外線の約9割を占めるUV-Aは、ガラスや衣服を通り抜け肌の深部まで届き、シミだけではなくハリ不足の原因となります。UVアイテムは、紫外線の多い時期だけではなく、1年中取り入れて紫外線から肌を守りましょう。最近は、美容成分が配合されているなど使用感のよいアイテムも増えています。自分の肌質や目的、ライフスタイルに合わせて好みのアイテムを選びましょう。

化粧水の種類

ここでは、「柔軟化粧水」、「ふきとり化粧水」、「収れん化粧水」の3つの基本的な種類の化粧水についてご紹介します。

一口に化粧水と言っても、実は様々な種類があります。それぞれの目的に合ったアイテムを選ばなければ、期待していた実感が得られません。例えるならば、保湿ケアをしたいなら選ぶべきは「柔軟化粧水」ですが、ふき取り化粧水や収れん化粧水を選んでいては逆効果になる場合もあります。自分の目的に合った化粧水を選ぶためにも、ここで基本的な知識を身に付けましょう。

柔軟化粧水

保湿成分などが多く配合されていて、水分補給や保湿を目的として使用するタイプの化粧水です。一般的に「化粧水」と言われるものは、このタイプが多いです。この柔軟化粧水は、たっぷりとコットンに含ませれば保湿パックをすることも可能です。角層に水分を与えることで、肌を柔軟にし、なめらかでみずみずしくうるおいのある肌を保つ役割があり、乾燥肌から脂性肌まで、どの肌質の人にも保湿ケアのために朝晩のスキンケアに欠かせないアイテムです。最近では、ローションタイプやジェルタイプなど様々なテクスチャーのものが増えているので好みの使い心地のものを選ぶようにするとスキンケアの時間が心地よいものになるでしょう。

ふきとり化粧水

クレンジングや洗顔で落としきれなかった、余分な皮脂や、古い角質をとる目的で使用するタイプの化粧水です。柔軟化粧水の目的は保湿ですが、ふき取り化粧水の場合には不要なものを取り除くのが目的なので基本的にはコットンに含ませて使用します。ゴワつきや、顔がどんよりとしているときなどに、肌の余計なものをオフしてクリアな肌に導く役割があります。また、ターンオーバーが気になっている人にもおすすめです。洗顔後すぐに使用するのが一般的ですが、クレンジングクリームをふき取ってからすぐに使うタイプもあります。パッケージに記載された使用方法に従って使うようにしましょう。

収れん化粧水

肌の角層に水分や保湿成分を補うほかに、収れん作用(肌の引き締め)、肌をさっぱりさせるの役割がある化粧水です。脂性肌の肌質の人に向いていますが、その他の肌タイプの人でも、汗や皮脂の分泌が多い夏にTゾーンを中心に使うのがおすすめです。アルコールの配合量が多く、さっぱりとした使用感のものが多く、化粧崩れを防ぐ作用があります。

化粧水を選ぶポイント

ここでは、化粧水選びの際に役立つ2つのポイントについてお話しします。

化粧水を選ぶポイントとして、なりたい肌のイメージに合わせて選ぶことが大切です。しかし、世の中には数えきれないほどの化粧水があるため「何を基準に選べばいいかわからない」とお悩みの方も多いようです。化粧水を選ぶ際の基本的なポイントを押さえておくと、アイテム選びが楽になります。誰にでも当てはまるような、知っておくといいポイントをご紹介します。

保湿成分が豊富に含まれた化粧水

化粧水を選ぶポイントとして、保湿成分が豊富に含まれているアイテムを選ぶのがおすすめです。化粧水の主な役割は水分補給ですが、美容成分が含まれていることによりプラスアルファで、つや感やしっとり感を実感することができ、日中の肌の潤いを保ちやすくなります。また、化粧水と同様に乳液やクリームなども、保湿成分の豊富さを目安に選ぶと良いでしょう。

【美肌におすすめの成分】

  • ・ローヤルゼリー
  • ・コラーゲン
  • ・水抽出ヨクイニンエキス
  • ・プロテオグリカンなど

肌への刺激が少ない化粧水

化粧水を選ぶ時は、肌への刺激が少ないものを選ぶのが良いでしょう。ピリピリと刺激を感じるなど、なんとなく肌に違和感を覚える時は、今使っている化粧水をお休みしてより刺激の少ないものを使うのがおすすめです。肌に合わないアイテムを使用し続けると、肌のバリア機能を低下させる原因になる可能性があります。化粧水を使い始める前には、サンプルを使って肌への刺激を確認してから購入を検討すると失敗が減らせます。また、敏感肌な自覚がある人は、新しい化粧水を使う前にパッチテストを行うと肌トラブルを未然に防ぐことができます。
※パッチテストとは?
上腕の内側など紫外線の当たらない場所に、実物(今回は化粧水)を使ってみて、24時間後と、48時間後にその反応を見るテストです。

朝の化粧水でうるおい美肌は作られる

うるおいのある美肌は、顔の印象も明るくしてくれます。スキンケアの中でも、化粧水はうるおいのある美肌作りのために欠かせない存在です。朝に化粧水を塗ることで肌が守られ、メイクのノリやモチがよくなる効果も期待できます。

今まで何となく使っていた化粧水も、正しい順番や自分にあったアイテム選びをすることで、よりうるおいのある美肌を目指しましょう。