ビューティセラーライブラリー

メイク アイメイク 2019.09.27

アイメイクでマスターしよう! 大人かわいいハロウィンメイク

ハロウィンも間近。近年は、仮装をして街に繰り出す人も増えていますよね。

仮装は勇気がいるから、メイクだけでもハロウィンを取り入れたい…

仮装の準備はバッチリ!でも、普段メイクじゃキマらない…

今回は、そんなあなたにぜひ読んでほしい「さりげなく、大人かわいいハロウィン」がテーマの

アイメイクをご紹介します♪

 

 

さあ、インスタ映えの準備は良い?

 

まずは何のテーマにするか決めよう

ハロウィンは、本来は古代ケルト人の秋の収穫を祝うお祭りで、悪霊などを追い出す行事でしたが、現代ではそれが転じて今のような形になっているそうです。
特に日本において最近では仮装パーティーがメインのイベントになってきており、子供から大人まで楽しめる行事として認知度が上がってきています。

なかでも、ナースや囚人、また映画のキャラクターなど、仮装はさまざま。
ここでは、ハロウィンといえば…といった仮装の中から、初心者さんでもチャレンジしやすいこちらの3つのアイメイクをご紹介します!

 

 

特徴の色をそろえよう

季節の行事には、それぞれイメージカラーがあります。
例えば、クリスマスなら赤・緑・ゴールド、ひな祭りならピンク、緑、白など。
ハロウィンのイメージカラーはオレンジ、緑、パープル、ブラック。

アイカラーや、アイライナーなどでこの色を取り入れれば、一気にハロウィンらしくなりますね。

 

ミステリアスな魔女風アイメイク

まずは怪しくてかわいい、魔女メイクから!

ハロウィンの仮装で魔女に挑戦したことがある方も多いのでは。

今回紹介する3つの中でも特に簡単で、メイク初心者さんにもおススメのメイクです。

 

 

アイカラー

二重幅にシマーなパープルのアイカラーを乗せたら上に向かって徐々にぼかしていきましょう。

グレーのアイカラーを目尻から中央に向かってぼかし、陰影をつけていきます。

ホリを深く見せることで、ミステリアスな魔女の雰囲気が高まります。


↓使用したアイテムはこちら↓


 

AVANCÉ CHIPIE一覧へ

 

 

アイライナー・マスカラ

まつ毛の間をペンシルアイライナーでしっかり埋めます。下まつ毛の間も、さりげなくアイラインを引きます。

囲み目メイクは今年のトレンド。より印象的な目元にできてハロウィンの雰囲気にもぴったりです。

マスカラはしっかりカールして繊細に。上下付けまつ毛でもインパクトが出てgood。

 

↓使用したアイテムはこちら↓


 

メイクに差をつけるワンポイント

濃いファンデーションまたはシェーディングで鼻筋や頬骨の下に影を入れれば

魔女っぽい頬のこけた印象に。小顔効果もあり一石二鳥です。

 

 

 

仕上がりはこんな感じ。

ミステリアスで大人っぽい、まさに大人カワイイ目元になりました。

黒のワンピースとトンガリ帽子を合わせれば、すっかり魔女の雰囲気に。

 

小悪魔的な黒猫風アイメイク

小悪魔的な雰囲気の猫メイクは女子ウケ・男子ウケともに抜群。最近の加工アプリでは猫のフィルターも人気ですよね。

今回はそれを実際に顔に描いてアプリ不要の猫メイクを仕上げたいと思います。

猫といえばあの印象的な目元ですよね!ということで、さっそくアイメイクを始めましょう。

 

 

アイカラー

まずはアイカラー。今回はハロウィンのイメージカラーのひとつ、パープルを使用し、二重幅よりやや広めにしっかり塗ります。

もちろんグリーンやオレンジでも可愛くておススメ。お友達と色違いでもいいですよね♪

下まぶたにはたっぷりとラメ入りのカラーをのせましょう。これで、うるうるキャッツアイの完成!



↓使用したアイテムはこちら↓


AVANCÉ CHIPIE一覧へ

 

 

アイライナー・マスカラ

猫目を作るのに重要なアイライナー。より細い線の書きやすい、リキッドタイプを使っていきます。

ポイントは、目頭の切開ライン。目頭にリキッドライナーの筆先を寝かせ、スタンプするようにちょんと置き、切開ラインを描きます。こうすることで一気にネコらしい目元に。

次に、目尻リキッドでしっかり太めの跳ね上げラインを描きます。したまぶたにもアイラインをがっつり入れましょう。

マスカラはカールをしっかり、重ね付けで束感を出して目の丸みを強調しましょう。

 

↓使用したアイテムはこちら↓


 

メイクに差をつけるワンポイント

リキッドアイライナーで鼻の頭に▼を描き、両頬にそれぞれヒゲを描けばよりリアルでかわいい猫メイクに♪

 

 

仕上がりはこんな感じ。

小悪魔的なダークさがありつつ、愛らしい目力抜群のメイクが完成しました!

アイシャドウやアイラインの色を変えて、いろいろなバリエーションが楽しめそうですね。

 

 

インパクト抜群ゾンビ風アイメイク

さて、最後はゾンビメイク。

リアルすぎるゾンビではなく、ここではあくまでもキュートに。ちょっと病んでる感じで可愛く仕上げてみたいと思います。

 

 

アイカラー

ゾンビメイクに血色は厳禁。まずは、クマを作っていきます。
ブルーベースの方はネイビーまたはブラックのアイカラーで、イエローベースの方はブラウンのアイカラーでクマを作るのがおススメ。

ブラシにアイカラーを少量取り、目の下目頭部分から少しずつぼかしていきます。

目袋部分はすこし濃いめに、下に下がるにつれてだんだん薄くしてグラデーションを作っていきます。
上瞼のメイクもクマに使った色と同じ色で。下瞼とは逆に逆に、上に行くにつれてぼかしていきましょう。


 

↓使用したアイテムはこちら↓


AVANCÉ CHIPIE一覧へ

 

 

アイライナー・マスカラ

上下にブラックかブラウンのジェルアイライナーでアイラインを引き、目元を際立たせます。

目力を強調するため、マスカラはがっつりと。ビューラーでしっかりとカールをさせたら、ダマにならないようマスカラを重ねます。

最後に目尻に蜘蛛の巣の絵を描きます。5本の太めのラインを半放射線状に引き、間に半円を2本ずつ平行に描くだけであっという間に蜘蛛の巣です。

 

↓使用したアイテムはこちら↓


 

メイクに差をつけるワンポイント

ゾンビといえば、青白い肌ですよね。ファンデーションは肌よりかなり白いものを選ぶのがおススメ。

ブルーやグリーンのアイカラーを削ってファンデーションに混ぜれば、より青白いゾンビフェイスに。

コンシーラーで眉毛の存在感をなくすとさらにゾンビっぽくなりますよ。

 

 

仕上がりはこんな感じ。

目尻のクモの巣がポイントの、ハロウィンらしいメイクが完成。

白と黒のコントラストがはっきりしているので、写真映えもばっちりです。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

ハードルが上がりがちなハロウィンメイクですが、

お手持ちのアイテムで簡単にマスターできちゃうんです。

今年こそはハロウィンメイクにチャレンジしてみませんか?

この記事を読んだ人がチェックしている商品はこちら